高校の教師になるには

中学校の教員免許と異なる点

高校の教員免許を取得するのは、中学校を同じく教科別となります。
しかし、大きく異なる点は、高校の教師には二種免許状がない点です。
ですので、まずは大学の教職課程で学び一種免許状を取得するか、大学院を終了して専修免許状を取得することが、高校の教師になるための条件と言えます。
小学校や中学校の教員免許で存在する二種免許状がない点は、目指す上で重要ですので注意が必要です。
その他、中学校の教員免許と異なる点を挙げると、指定された習得する単位数です。
高校になると義務教育ではないという大きなが差もあり、科目も大幅に変わりますが、そうしたカリキュラムの差に合わせたものです。
また、高校になると学ぶ教科もより幅広く専門的となるためです。

共通する部分も

高校の教師になるには、教科別に一種免許状を取得、または大学院を終了して専修免許状を取得することが条件となり、小学校や中学校の教員よりも若干間口が狭まったように思えます。
義務教育ではなくなり道徳的な教育も卒業し、より専門的な指導がされるからだと思いますが、中学校と高校の教員免許では、修得する単位も共通するところも多く、両方を修得するということもあるようです。
また、採用試験において、両方の免許取得が条件というところもあるので、学校や学部が対応しているならば両方をまずは目指してみるということも進路としては現実的かもしれません。

教員免許と一括りにできますが、実態は教師おいてもそれぞれの学校教育に合わせた科目を学び資格を取得しています。
その上で、競争率も高くなる採用試験があるのですから狭き門なのですね。